SecurityHub Cryptor

「共有相手を指定する」新しいタイプの暗号化アプリケーション

group_add

共有相手を指定

パスワードで暗号化するという概念はありません。「誰と共有したいか」をメールアドレスで指定してファイルやテキストを暗号化します。そして、指定された人だけが復号できます。

open_in_browser

Webアプリ

SecurityHub CryptorはWebアプリです。暗号化や復号の処理はブラウザでのみ行われるので、外部に情報が漏れることはありません。

vpn_key

ワンタイム鍵

実際に情報を暗号化する鍵は暗号化のたびに生成し、使い捨てます。

delete

後から破棄可能

​暗号化した情報は7日間復号可能で、それ以後は復号できなくなります。また7日経つ前でも、復号に必要な断片情報を破棄して、復号できなくすることが可能です。

create

カスタマイズ可能

​企業での利用等に合わせて機能拡張やカスタマイズが可能です。是非お問い合わせください。

SecurityHub Cryptorの仕組み


SecurityHub Cryptor (セキュリティハブ クリプター)は、新しいタイプの暗号化アプリケーションです。暗号化や復号の際に必要になる パスワードや暗号鍵といった秘密情報の共有を、ユーザが全く意識する必要がないため、手軽かつ安全に暗号化された情報をやり取りできます。

このアプリケーションは、SecurityHubという暗号鍵管理プラットフォームを利用しています。暗号鍵を利用する様々なアプリケーションの開発、 運用を助けるプラットフォームです。ご興味のある方は是非こちらも御覧ください。